「向き合う」って俺には大事なんだよ!って話

大切な人と深く付き合うには「向き合う」ことが大切だ。

40歳を超えて、向き合ってみて初めてわかった。

 

「向き合う」ってのは、相手に対して「僕はこう思うんだよね。君はどう思う?」ってコミュニケーションをとること、とり続けること。

 

お互いの考えや意見はちがってもいいんだよ。

自分はこう考える、あなたはそう考える。

 

それを伝えることができて、その違いを理解しあえることが大切。

考えが同じである必要はないんだよね。

 

でも、これってめちゃくちゃ力のいることで、周りの人みんなとこれはできない。

 

だから、必然的に向き合うのは大切な人になるわけ。

 

それに向き合うには、「愛」が前提条件として必要だから。

意見が異なれば時にはケンカすることもあるしね。

でも、愛あるケンカなら問題ないし、そのケンカは必要なんだよ。

だって、そのあときちんと向き合えれば、さらに絆は深まるから。

 

 

でも、今までそれができなかったんだよね。

 

調和性という個性を理由に意見の衝突を避けてきたから。

自分が本当にいいたいことを言えなかった。

 

それじゃあ向き合えないんだよな。

 

 

向き合う大切さがわかったから「愛」ある限り、向き合いたくないと言われない限りは向き合いたい。

 

 

 

君がどう思っているか聞きたいんだ。

 

これまで向き合えなかった分を取り戻したい。

 

 

 

でも、自分自身もう伝える気持ちがなくなったらそのときは終わりにしようと思う。

 

悲しいけど、世の中に絶対はないからさ。

 

 

 

 

今日も明日も、5年後も10年後も 僕は君と向き合っていきたい。

君はどう思う?

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。