こどもの時間を見える化する

我が家には子供が二人います(小4と小1)。


どこの家庭もそうなのかもしれませんが、なかなか宿題に手を付けません。

 

やらないと遊びに行けないよとか、ゲームさせないよとか。まずはやさしく言います。
「ここで怒って、勉強がキライになっては本末転倒。ガマンガマンと。」言い聞かせながら。
でも、やりません。まだ、やりません。

 

で、結局「何回も同じこと言わせんなー!早よ、やれやー」と毎度毎度感情に任せて怒ってしまいます。

 

そのあとは自己嫌悪、その繰り返しです。

 

どうしたら自発的にやる子になるのか?なんて考えていた時に読んだのが、『親力講座 時間の見える化』

 

〜本文より〜
子どもがなかなか宿題・勉強に取り掛かれない理由の一つは、時間というものをあまり意識していないからです。

中略

大人は手帳などで時間管理をしています。

大人ですら、それがないと時間管理はできません。

まして経験の少ない子どもにおいてはなおさらです。

それは、時間を扱ってきた経験が大人に比べてはるかに少ないからであり、仕方のないことなのです。

 

なるほどそう言われれば確かにそうです。

で、我が家でも作ってみましたホワイトボード。

 

▲子供たちが自分で予定を考えて左に貼付け、ちゃんとできれば右に移す。

 

さて、できるかな〜

 

どうなるかわかりませんが、まずはやってみたらええやんということで。

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。