やりたいことを続けるコツ〜そこに楽しさはありますか?〜

小学校2年生の娘がパソコンを使いたいと言ってきました。

「どうして?」と聞いたところ、「文字を打ちたい」との回答です。

どうやら姉の影響で自分もマネをしたいみたいです。

姉はローマ字を覚えたので、少しなら1人でパソコンが打てます。

覚えたこと(ローマ字)を実践(パソコン)する。それが目に見える(画面)。

これが楽しいみたいです。

気づき

子供にとって、楽しいと感じれば言われなくてもやるし、楽しくないと感じれば言われてもやりません。

これは別に子供に限ったことではないですよね。

大人でも同じことだと思います。

僕はなかなか物事が続けられません。

このブログでさえも、続けなきゃと「義務感」が出てきたらイヤになりました。

楽しくて好きで続けているなら問題ありませんが、続けたいけど楽しくないモノ(僕でいう英語)はコツが必要です。

続けていく中で、目に見える楽しさを入れていくことが続けるコツですね。

英語

今は本を読んで、CDをリスニングし発音しています。

ここに、外人と交流して自分の英語が通じるという楽しさを入れると更に続けていけそうです。

 


▲小指立ってます。

via PressSync

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。