ブログを始めて2ヶ月、そこからわかったことは?

以前にこれがやりたいブログなのか?と書いたけど、何が違和感だったのか考えてみたので記録しておこうと思う。

たちさんのB塾で目指すのは「自分の価値観」を世界に提示することと学んだ。

そのために今は「好き」を書き、「続ける」のが重要と。

この入り口でボタンをかけ間違った。重要なのは「好き」を「続ける」ことなのに、いつのまにか「続ける」だけに焦点を当ててしまった。これは、自分でもわかっている悪いクセ

とにかくブログをはじめたくて、はじめたら続けなきゃいけないと思った。思い込んだ。

毎日記録していた食事とかをブログに載せることで、続けることはてきた。満足。

 

でも、んぜんっおもんないし。て、感じでした。

 

ブログを始めて二ヶ月もかかってわかったことは、自分にとって「記録」は呼吸のようなもので好きの対象ではないということ。

二ヶ月もかかってこんなことしかわからないのか…と悲しくなる。

 

じゃあ、何が好き?と聞かれれば。いや、それは・・・って感じです。それでも、あの投稿以降書きたいことを書こうと思っています。

 

「質より量より更新頻度」だけど、自分に当てはめるなら「質より量より更新頻度。でも、好きが一番」かな。

まとめ

今まで自由に生きてきたつもりだけど、自分の好きなこともわからないなんて、腹立たしいと同時に悲しくなりました。

身体的思想的には自由で、だれにも「お前は好きなことをしてはダメだ」なんて言われてないのに、好きなことができない、いや好きなことが何かわからない。という現状を認識。それだけでも進歩としておきます。

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。