子供に気付かされた今の大切さ

どうも、かずいちです。

昨日の夜、不意に小学2年生の次女が「あっという間に夏休み終わったなぁ。このままだとあっという間に3年生になって、お姉ちゃんは6年生になるね。お姉ちゃんと一緒に学校行けるのは来年だけなんだね。寂しいなぁ。」って言いました。

我が家の姉妹は年の差3歳差なので、中学、高校はちょうど入れ違いになるんです。

わかってはいましたが、そんなこと意識したことなかったです。

長女が卒業して気づいたかも。

いや、ひょっとすると気づかないまま時間が過ぎて、振り返った時に気づくのかな。もう、遅いけど。

今この瞬間の大切さってなかなか意識しないものです。

寂しいなと思った次女はこのあと意識するんだろうな。

8/31まで夏休みの宿題をやる長女にはそんな余裕ないな。

この記事はPressSyncで書きました。

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。