先輩から言われた「それ逃げてるだけやろ?」を思い出した日

ふと大学時代に先輩に言われた言葉を思い出した。

 

「それ、逃げてるだけやろ?」

 

当時大学3年の冬、2月だったかな。試験の時期だけど、就職活動が始まりだしてなんだか忙しくなってきた頃。

試験勉強しながらも、就職活動も始めなきゃみたいな。

そんなときにふと僕が漏らした「試験勉強なんかやってる場合じゃないんですよね、就職活動しなきゃ」に対して言われた言葉だった。

 

いつも一緒に麻雀して、お酒飲んでバカばっかりやってるどうしようもない先輩なのに、

このときだけ、ほんとこのときだけ唯一放った真摯な言葉だった。

 

「それ逃げてるだけやろ?」

「試験勉強したくないから、就職活動に逃げてるだけやろ?今やらなあかんことは、何があってもやらなあかんねん。」

 

おいおい、いつもアホな事ばっかり言ってるくせに何言うとんねん!

と腹の底では思ったが、あまりにも正論でぐうの音も出なかった。

 

 

やらなきゃいけないことでつまづいたとき、逃げたくなるのは悪いクセだ。

それを思い出させてくれた先輩の一言だ。

 

 

このままではこの先輩いい人だねと思われるので付け加えておく。

 

長い付き合いだが、この先輩がまともな意見を言ったのはこれ一度きり。

基本、(敬意を込めて)アホである。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。