『オフチャレ』〜スマホの電源オフがもたらすリラックス〜

どうも、かずいち(@SKE0829)です。

あなたは1日どれくらいスマホを見ますか?

私はしょっちゅう見てます。スマホが手元にないと不安になります。スマホ依存症かと聞かれれば、即答で「ハイ」と答えるレベルです。これってカラダに悪そうですね。

この依存症から解放される方法が東洋経済ONLINEに掲載されていたのでご紹介します。

その方法とは『オフチャレ』に参加すること。

オフチャレってなに?

ワークライフバランスを重視する欧州で200年以上の歴史を持つアウトドアブランド「ショッフェル(Schoffel)」がその考え方を形にしたイベントです。

「常に身近にあるデジタル機器の電源をオフ」にして1日を過ごす試みです。

コンセプトは、日常とは異なる場所に身を置いて「何もしない」というもの。

記事のオフチャレはのどかなキャンプ場で開催されました。参加者はスマホを回収され、主催者から「目的なしに自然を満喫する」ことだけ告げられます。

はじめは戸惑う参加者も30分もすれば周りの自然に目が行き、参加者同士の会話も弾んだそうです。

 

オフチャレするとどうなるの?

精神的にリラックスできます。

ブレインケアクリニック院長今野先生(イベント監修)によれば、「通常目的を持って行動します。目的があるということは、段取りをして実行しないといけない。そこで脳を使う。この企画はそれすらもやめることで、脳を完全に解放することができる。」

  • デジタルをオフにする
  • 自然環境にいる

この2点がリラックスをもたらすようです。

 

まとめ

最初に記事を読んだとき、「日常と異なる場所で何もしない」って「なんだかもったいないなあ」と「難しそう」と思いました。

だって、何もしないって難しくないですか?何かしなきゃ、何かしなきゃとそわそわして余計に落ち着かなくなるだろうというのがいまの予想です。精神的に病んでるんですかね。

イベントに参加して精神の解放を得たい。

 

 

※詳しくはこちら → ストレスフリーにつながる「何もしない」提案 東洋経済ONLINE

次回開催の「オフチャレンジ™」情報

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。