ちょっとした工夫で仕事の段取りは決められる〜自分の仕事の主導権は自分で握っていますか?〜

仕事をしていれば、独りで仕事が完結しないことはわかっています。

ましてや、組織人であればなおさらです。

仕事の内容にケチをつけられても、仕事の段取りまで文句を言われたくありません。

 

私のいるフロアには複数の部署が存在します。その中には、私の仕事に対する決裁権限を持つ部署もあります。

その部署へ書類を送付したときのお話。

同じフロアなので歩いて持っていけばいいのですが、私は通常の社内ルール(郵便みたいな扱い)で送付しました。

書類が到着したとき、決裁者から「近いんだから、持ってこいよ。」と文句を言われました。

でも、あえて通常ルールで送付したのです。

歩いて持っていくラクな方法ではなく、あえて通常ルールで送付したのです。

自分の仕事の段取りでは、次にやることをもう決めていたのです。

だから決裁に関する仕事については送付することで終わりにしたかったのです。

仮に持っていったとき、相手が電話中やそもそもいなければ渡せないですし、渡したときにつかまっていろいろ言われて時間を取られるのもイヤです。

 

仕事の段取りは自分で決めたいのです。

仕事の主導権は渡したくありません。

主導権が自分にあることで仕事への取り組みは大きく変わります。

 

ささいなことかもしれませんが、ちょっとした工夫で仕事の段取りは自分で決められます。

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。