1000人桜ウォーク 2017年〜雨天時のウォーキング企画に必要なもの〜

先日お伝えしたリビングでのウォーキングイベント、1000人桜ウォークに参加しました。

イベント概要

  • 参加費大人3000円、小人1000円 ゴールで大人はリュックサックがもらえます(小人は無し)。
  • 日比谷公園をスタートし、ゴールの台場グランドニッコー東京までの約10キロ。
  • ゆっくり歩いて3時間30分の予定。

 

当日の様子

🔺雨のせいか思ったほど人はいません。

 

🔺受付時にお茶がもらえます。テントスペースがあり、ここまでは傘をさしてきて、子どもたちはここでレインコートに着替えました。

 

🔺朝から気温6度と寒い上に雨。コンディションが良くない中での出発。

 

🔺だいたい半分ぐらいの場所に位置する増上寺。都会のどまんなかにある広大なスペースにおどきました。晴れてたら桜ももっと映えてたのに。

 

実はウォーキングはここで断念しました。

子どもたちの「あとどれくらい?」「まだ?まだ?」のオンパレード。これを言われると、いつもイラッとします。しかも、足が痛いと言い出すし。

でも、小学生4年と1年に10キロは難しかったかもしれません。

 

参加者は増上寺を左に曲がるのですが、僕らは右に曲がり三田線の御成門から電車で台場を目指しました。

台場でランチのあと、ゴールへ向かいリュックサックをいただきました。

 

ウォーキング企画で雨天時あったほうが良いもの

晴天でのウォーキングではなかったので、あってよかったもの・あればよかったものをまとめておきます。

レインコート

傘でも問題ありませんが長時間歩くので、レインコートの方が動きやすいです。あと、カバンはリュックもしくは斜めがけバッグが良いです。両手をあけるのがベストです。

ジップロック

地図を入れるのに便利です。雨の中、地図を見ながら歩いていると地図が濡れてボロボロになります。

手袋

ウォーキング企画は両手をあけるのが基本です。ポケットに手を入れていては100%満喫できません。なので手袋は必須です、しかもつけたままスマホが触れるもの。歩きながらスマホで写真を撮ります(ブログに書くの前提ですから!)。いちいち手袋はずして、写真撮って、つけて、撮って・・・これ、めんどくさいです。

 

まとめ

朝からウォーキング、午後からB塾最終講の1日でした。なので、PC持ったままのウォーキングは結構辛かったです。

というわけで、ウォーキングは身軽に両手をあけて参加するのがイチバンですね。

あと、子どもと一緒に参加する場合は、完歩できるか?これ重要です。

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。