東京駅八重洲の居酒屋【北国炉端 ときしらず】いくらがあふれる『いくら飯』を喰らう

どうも、かずいち(@SKE0829)です。

先日行った東京駅八重洲の居酒屋【北国炉端 ときしらず】をご紹介しますよ。

なんといってもココの名物は『いくら飯』。ご飯からこぼれ落ちるいくらがたまりません。

 

外観

東京駅の八重洲地下街18番出口徒歩1分のところにあります。八重洲の地下街マップはこちら

 

店内

1階、2階席があります。私は1階奥の半個室みたいなところでした。テーブル席ですが、ここだけカーテンがついていました。写真忘れちゃいました。

 

メニュー

▼今月のおすすめ!売切れ次第終了メニュー。

 

▼なぜこの店にしたのか?

それは、この『いくら飯』が食べたかったからです。いくら飯ですが、写真にはいくらのみ。飯は写っていません。

 

お料理

▲ラーメンサラダ。北海道ではポピュラーなサラダなんですって。知りませんでした。

パスタではなく、あくまでもラーメン。

 

▲生ウニの天ぷら!初めて食べました。柔らかくてあま~いお味です。

▲日本酒3種味比べ。

見た目は同じですが、右から「初孫」「DREAM(ドリーム)」「作田」です。「初孫」「作田」はお店に説明がありましたが、「DREAM」はありませんでした。

「初孫」は辛口、「DREAM」は甘口、「作田」はやや甘口でした。私は甘口が好みですね。

▲「豪華!!特選刺身盛り合わせ」ウニ・イクラ入りです。

▲じゃが芋バター。北海道ではじゃがバタに塩辛は当たり前。

▲北海道産 特大 ホッケ焼き

▲カニ入り出し巻き玉子

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

『いくら飯』!!! でもまだいくらが乗っていません。

店員さんがイクラをご飯にかけます。

その際「エイサー」とかけ声をかけるので、そのあと私たちが「エイサー」と声をかけなければなりません。

エイサー!

エイサー!

エイサー!

エイサー!

エイサー!

エイサー!あーこぼれちゃうよ。

エイサー!

▲出来上がりです。

▲升酒ならぬ升いくら。もちろんこれはご飯の上にかけました。

 

まとめ

私は金曜日の18時に行きました。19時には満席になっていましたね。店内は2時間制できっちり2時間で出る必要があります。ラストオーダーは1時間半です。

いくら飯や生ウニ天ぷらは数量限定ですぐ無くなるそうです。

これを食べたい!と思った方は予約していったほうがいいですね。

 

関連ランキング:ろばた焼き | 東京駅日本橋駅京橋駅

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。