時差Biz(7/11〜7/25)で働き方を見直してみよう!

どうも、かずいちです。

私はサラリーマンなので毎日決まった時間に出社しなければなりません。これ苦痛です。

何が苦痛かって、通勤電車いや「痛」勤電車ですよ。あのギューギュー詰めの満員電車にはホントにウンザリします。

そんなある日、会社からこんなお知らせがありました。

東京都は、「満員電車の混雑緩和」が社会の生産性向上のため重要な課題であるとして、その課題解決のため通勤ラッシュの軽減・回避を目的に、「時差Biz」を実施予定。

当社も本運動の協力業者として参加します。

おっ!?なんだかよくわからないけど、通勤ラッシュの軽減・回避に協力するようです。

そこで時差Bizを調べてみました。

 

時差Bizって何?

時差Bizとは、通勤ラッシュ回避のために通勤時間をずらす働き方改革のひとつです。

満員電車の混雑緩和は、社会の生産性向上のための重要な課題のひとつです。

東京都では、この夏、多くの方々に快適な通勤を体験してもらい、効果を実感してもらうムーブメント「時差Biz」を実施します。

下記の期間中に、鉄道利用者及び鉄道事業者双方で連携する取組です。

実施期間:2017年7月11日(火)~2017年7月25日(火)

鉄道利用者の取組例:時差出勤、フレックスタイム制、テレワーク 等

鉄道事業者の取組例:混雑の見える化、オフピーク通勤利用者へのポイント付与 等

東京都 時差Biz サイトトップより

なるほど通勤時間をずらして、通勤ラッシュを回避しようという試みですね。

これはうれしい。

賛同した企業が申し込みをするとHPに参加企業として掲載されます。

 

私が時差Bizするとどうなるの?

企業ごとに時差出勤やフレックスタイム制など各々にあったやり方で時差Bizに参加します。

うちの会社は「時差出勤」で時差Bizに参加するようです。

時差出勤って利用したこと無いのでちょっと考えてみます。

 

現在の勤務時間

うちの会社の勤務時間は9:00〜17:00です。

実際は8時に出社し18時頃退社します。だから通勤電車は朝の7時頃に乗車します。

下図「鉄道通勤者(23区)の出社時刻」(東京都時差Bizサイトトップより)によると、私の通勤電車は通勤ラッシュの少し前のようですね。

 

さて、下の3つの時差出勤案を考えてみます。

勤務開始時間を1時間早くする

勤務時間開始は9:00からですが、実際には8:00に出社しています。

ですから、勤務時間を実態にあわせて8:00〜16:00にするものです。

これ、いいですね。特段今より早く家を出る必要はなく、帰る時間は早くなる。

 

勤務開始時間を30分遅くする

勤務時間開始を9:00から9:30にし、9:30〜17:30にするものです。

今の8:00出社が9:30までに出社でOK。でも、9:30に会社に行こうと思うと8:30頃の電車に乗らなければなりません。

それって、一番通勤ラッシュです。

 

勤務開始時間を1時間30分遅くする

勤務時間開始を9:00から10:30にし、10:30〜18:30にするものです。

今の8:00出社が10:30までに出社でOK。これは朝の自由時間が増えますね。通勤ラッシュも回避できます。

でも今の18:00頃退社が18:30までは帰れません。勤務時間は同じでも退社時間が後ろにずれるのは気持ち的にイヤだなあ。

 

まとめ

我が社の時差Biz参加にあわせて私も時差Bizします。

やり方は時差出勤で、勤務開始時間を1時間早くする方法(8:00〜16:00)です。

現状と出社時間は変わりませんが、一応「最」通勤ラッシュは回避できているようですし帰宅時間が早くなるとうれしいですよね。

残業無しを目指せば16:00に帰れますし、1時間残業しても17:00には帰れます!

早速上司に申請してみよう。

 

みなさんも時差Bizいかがですか?

 

こんな記事もいかがですか?

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。