ものごとを丸くおさめるために『ごめん』と言うのはやめようと思った話

コミュニケーションについて考えた独り言。。。

 

 

人とのコミュニケーションで「ごめん」とあやまることは多々あります。

でも、「どうしてあやまるのか?」と相手から聞かれると答えに窮すこともよくある話で。

 

相手に謝りつつも実は腑に落ちていなかったり、そもそも謝る気がないのに謝っていることもあったり。

本音を言えば、「ごめん」と謝っておけばこの場は丸くおさまるよなという打算ありあり。

 

とにかく最優先することは丸くおさめること。

(どうして丸くおさめることを最優先するのか?それはまたの機会に考えます)

 

でも、こんなことしててもしょうがないなと思ってきて。

 

なんかつかれるし、めんどくさいんですよ。謝る気もないのに謝るのって。

背負わなくてもいい荷物を無駄に背負ってる感じがするんだよな。

だから、その場を丸くおさめるために「ごめん」ということはやめようかなと思って。

 

もちろん、自分の言動で相手が傷ついたり、相手が不快に思ったら謝りますよ。

(もちろん、悪意を持って人を傷付けたりはしないです)

 

でも、それだけで終わらせるんではなく。

 

傷つけたのなら謝る、でも自分の言動にはこういった意味があって、こんな意図があったんだと伝えたいと思ってきた。

 

あなたはそれをどう受け止めて、どう思うのか?

 

それを確認したいんですよ、それがコミュニケーションだと思うようになってきたから。

 

ただその場を丸くおさめるために謝ってやり過ごすよりも、よっぽど建設的。

 

でも、誰とでもこれができるか?

それは難しいよなーと思う。相当パワー使うから。

 

でも、大切な人とはコミュニケーションを取りたい。

 

自分はこう思うと相手に伝える。

それを相手はどう思うのか確認する。

 

ときには心折れることもあるかな。

こんなに疲れるなら、もう言わなくてもいいかと思うかな。

 

でもそこで伝えることをあきらめたら試合終了だよな。

 

試合を終了させるかどうかは、その相手をどう思っているか、かな。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。