写真のうつり方&とり方マスター〜写真にどう映るかは練習するもの〜

先日子供が図書館で借りてきた本をご紹介。

いまや写真にどう映るかは小学生にとって重要な課題みたい。

確かに僕が子供の頃に比べれば、写真に写る機会っていうのは格段に増えましたね。子供にしても可愛く写りたいってのは当然ですよね。

ただ、僕も写真写りってのは気にはなります。いつもブスッとしていて、笑顔が上手くできないんですよね。

 

で、主な内容は、

  1. 可愛くどう映るか
  2. 楽しく写ろう
  3. 写真を上手に撮ろう
  4. 写真をアレンジしよう

という感じです。

カンペキ笑顔

口角を上げて前歯を出す…子供と一緒にやってみました、なかなかできません。

 

差がつくアレンジ

ただ、ぼーっと写真に写るのもつまらないと思いつつ、なかなかポーズが取れないのがおっさんの悩みです。

でも、おっさんがピースもどうかと思います。

かろうじて、大小ピースでしょうか。さすがに子供がやると可愛いです。

 

ステキに写ろう

小顔テクです。これは重要。

これからは後ろに下がって、顔を手で隠そうと思います。

 

アイデアショット

見てるだけで楽しそうですね。もっと若い頃に知りたかった。

 

風景写真

アイキャッチとかにも使えそうです。

 

まとめ

被写体に難ありなので、やはりテクニックを駆使し練習する必要があるみたいです。

やはり、ここも質より量より更新頻度か。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。