写真のうつり方&とり方マスター〜写真にどう映るかは練習するもの〜

先日子供が図書館で借りてきた本をご紹介。

いまや写真にどう映るかは小学生にとって重要な課題みたい。

確かに僕が子供の頃に比べれば、写真に写る機会っていうのは格段に増えましたね。子供にしても可愛く写りたいってのは当然ですよね。

ただ、僕も写真写りってのは気にはなります。いつもブスッとしていて、笑顔が上手くできないんですよね。

 

で、主な内容は、

  1. 可愛くどう映るか
  2. 楽しく写ろう
  3. 写真を上手に撮ろう
  4. 写真をアレンジしよう

という感じです。

カンペキ笑顔

口角を上げて前歯を出す…子供と一緒にやってみました、なかなかできません。

 

差がつくアレンジ

ただ、ぼーっと写真に写るのもつまらないと思いつつ、なかなかポーズが取れないのがおっさんの悩みです。

でも、おっさんがピースもどうかと思います。

かろうじて、大小ピースでしょうか。さすがに子供がやると可愛いです。

 

ステキに写ろう

小顔テクです。これは重要。

これからは後ろに下がって、顔を手で隠そうと思います。

 

アイデアショット

見てるだけで楽しそうですね。もっと若い頃に知りたかった。

 

風景写真

アイキャッチとかにも使えそうです。

 

まとめ

被写体に難ありなので、やはりテクニックを駆使し練習する必要があるみたいです。

やはり、ここも質より量より更新頻度か。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。