その質問は愚の骨頂ではないか?と思った話

自分が担当者の時から上司には絶対しないと決めた質問があります。

 

どうしたらいいですか?

 

だってこの質問、完全に自分で仕事のハンドル手放しませんか?

「私アホです」って言ってるみたいで自分自身とても受け入れ難いです。

 

もちろんわからないことはたくさんありますよ。

それでも、今考えられる範疇で考えて、「自分はこう思うのでこうしたい」と言うものじゃないのかな。

そうしないと言われたことをただやるだけだよね。

そんなの楽しいのかなって思うんです。少なくとも僕は楽しくない。

 

 

でも、でも、でもですよ、みなさん!

上司になると驚くほどこの質問が飛んでくるんです。

 

 

これ、どうしたらいいですか?

 

えっ???

 

君はどうしたいの?

 

 

でも、これはあくまで僕の「仕事の定義」だから、みんなにはみんなの「仕事の定義」があるんだなきっと。

 

どうしたらいいのかな、どうしようかな、そんなことを考えながらこのブログを書いてます。

 

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。