さあ、どうする?突っぱねるか、うけいれるか、それとも…

4月から僕がカチョーになった我がチーム。

今までにない役割(という名の数字)を背負わされてしまいました。

まあ、期待のあらわれと思ってみんなでがんばってますけどね。

もちろん、今まで以上に負荷がかかっても早く帰ります、ここは譲れない。

ちゃんと結果も出してますよ。

 
でもね、偉い人は「なんだ、こいつら帰るの早いな。まだまだ暇なんだな。もっとできるな(=負荷アップ)」って思ってるんです。

まだいるんだよな、成果を時間で測る人。

平成も終わるこのご時世に「昭和」かよ!ってムカつきました。

そうはいってもサラリーマンなんてそんなものです。

正しいかどうかってあんまり関係ありません。

上を目指すならどう期待に応えるかなのです。

 
さてさて、これからどうしようかな?
とりあえず考えてみました。

1.これ以上は無理と突っぱねる
2.負荷アップを受け入れる
3.退社時間を調整する

 
 

1.これ以上は無理と突っぱねる

これ以上できませんと突っぱねてみる。

新しい役割に応えて結果を出す、これだけでも大変なんです。

加えて早く帰ろうとしてるから日中の密度は濃いのです。だからこれ以上の負荷は正直厳しい。

うーん、そう伝えたら、評価はされないわな。

自分が評価されないのはいいんだけど、チームが評価されないとか部下が評価されないのはまったくもって不本意。

 
 

2.負荷アップを受け入れる

サラリーマンらしく負荷アップを受け入れる。

帰るの早かったら暇と思うくらいだから、これで残業しても問題ないよね。

それにこれで結果を出して、相応の評価をしてくれれば問題なしです。

が、そうなんです。

相応の評価をしてくれれば……なんですよ。

この負荷アップを受け入れても評価アップが不透明なんだよね。

組織を見てればわかるので。

そうなるとほんとにやり損です。

あと、受け入れるには気力体力が続かないなー。

 
 

3.退社時間を調整する

突っぱねるのも、受け入れるのも、難ありなら今のまま、帰る時間を遅くする。

要は帰れるのに帰らずに時間調整するってことです。

1番丸くおさまる気がするけど、1番納得いかねえな。

俺、早く帰りたいし。

 
 
さてさて、どうしようかな?
 
 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。