英語を学ぶのは40歳からがいいby菊間ひろみ〜いくつになっても英語は学べる!〜

こんにちは、かずいち(@SKE0829)です。

英語を身につけるためには、何が必要でしょうか?記憶力?

もちろんないよりは、あるに越したことはないです。でも、それだけではありません。

3つの習慣さえ身につければ、自己学習で十分英語力が身につく本をご紹介。

英語を身につけたいと思っているのに、途中で挫折するのは「英語を勉強」していたからです。

英語はあくまでもコミニュケーションツールです。これ、忘れていました。

勉強のための勉強では身につかないです。そして、社会人には英語を活かせる実践の場が身近にたくさんあります。

英語を通して情報を発信して、外国人から英語を通して情報を得る。この体験こそが英語を学ぶ醍醐味。

これって、ブログを書いて情報を発信し、交流する。今一番楽しいことでは!?

そう、この楽しさを英語を使ってやりたいのです。

勉強のための勉強ではこの楽しさを得ることができません。

そして、それは勉強ではなく習慣とすることです。

 

英語を身につける3つの習慣

  1. 音読をする。
  2. 多読をする。
  3. 英語表現を覚える。

 

一番身に付けたい能力、ヒアリング

英語に触れてみて一番苦労するのはヒアリングだと感じています。

とにかく何を言ってるのか、さっぱりわかりません。◯ピード◯ーニングで英語のシャワーを浴びでみたものの、あまり効果はありませんでした。でも、それは当然のようです。

耳から聞いた英語を発音することで英語は身につきます。僕は聞くだけで、発音してませんでした。

言語能力は、聞く→話す→読む→書くの順で伸びていきます。

リスニング力を伸ばすには、毎日聞いて音読することです。

 

まとめ

ヒアリング能力を高めるために、英語を聞いて発音する。これで、「聴く」「話す」が鍛えられます。

それで、まずは外国人と交流できそうです。

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。