【1時間走れればフルマラソンは完走できるby鍋倉賢治】〜6ヶ月週3回のトレーニングでフルマラソンは完走できる〜

どうも、フルマラソン未経験のかずいちです。

あなたはフルマラソン完走したことありますか?僕は完走したことありませんし、レースにエントリーしたこともありません。

いまダイエットでランニングをしているんですけど、走ったあとってすごく気持ちが良いんですよね。この爽快感を味わうと、「あー、フルマラソン出てみたいなあ。どれだけ爽快なんだろう。」って思います。

いま1回に走る距離は3km〜5kmほど。月間60km前後です。この走力では「さすがにフルマラソンなんて無理だろうなあ。」と思うものの、そんな僕でもフルマラソン走るにはどうしたらいいかと思い読んだ本をご紹介します。

 

著者である鍋倉教授(マラソンベストタイム:2時間29分9秒)は筑波大学で『つくばマラソン』という授業を開講し16年になります(当時)。この授業は「生活にマラソンを取り入れる」をテーマに、11月開催される「つくばマラソン」を完走することを目的としています。

受講生は全員普通の学生で、その半数近くは運動経験のない学生です。にも関わらず完走率は95%を超えているそうです。本書はこの授業により得られたデータを元に効果的なトレーニングが紹介されています。

 

フルマラソンを完走するにはどれくらいトレーニングが必要なの?

鍋倉教授は「6ヶ月間週3回の練習で、1時間ラクに走れればフルマラソンが走れるようになる。」と言っています。

当然毎日走る必要があると思っていたので意外でした。

もちろん、3時間30分以内にゴールすることが目標ならこのトレーニングでは無理です。あくまで、『運動習慣のない人が、フルマラソンを歩かず完走する』ことが目標です。

6ヶ月間週3回の練習は具体的ですけど、「1時間ラクに走れれば」って何だかあやふやです。

「ラク」とは、身体的・精神的に何の抵抗もなく走れる状態にあることだそうです。

この状態にあるかどうかはこの質問でわかります。

「あなたはフリーな時間ができたとき、迷わずパッと着替えて走りに出かけられますか?」

この答えが「ハイ」なら、フルマラソンを完走する心とからだの準備ができています。

 

この本では6ヶ月で下記ステップを踏みながらフルマラソン完走を目指します。

  1. 運動習慣を身につける
  2. ランナーになる
  3. マラソンランナーになる
  4. フルマラソンに挑戦

 

まとめ

今から6ヶ月後といえば12月。ちょうどマラソンシーズンですね。

目指そうかな、フルマラソン完走。

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。