【中をそうぞうしてみよ by 佐藤雅彦+ユーフラテス】

どうも、かずいちです。

この前(っていっても2016年の話)アメトークで芸人のカズレーザーがおすすめしていた本「中をそうぞうしてみよ」を読んでみましたよ。

著者の佐藤雅彦さんは東京藝術大学大学院の教授でNHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」を企画・監修されている方です。

ユーフラテスさんは慶應義塾大学の佐藤雅彦研究所の卒業生からなるクリエイティブ・グループです。

要はチーム佐藤ってことですね。

ピタゴラスイッチをご存じの方ならお分かりになると思いますが、知的欲求をくすぐる30ページの本です。

 

本の表紙の椅子。中はどうなってるんでしょう?

椅子の中?

 

見えるんです。X線写真で。

 

そんなやり取りが続く1冊。

子供と一緒にこの中はどうなってるんだろうねってそうぞうしてみる1冊。

何も考えずにぼーっと見ると楽しい1冊。

 

でも、いちばん気になったのはタイトル。

「そうぞうしてみよ♪」なのか「そうぞうしてみよ!(命令)」なのか。

 

以上

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

このブログを運営しているかずいちです。東京に住むサラリーマンブロガー。転勤族で大阪→東京→大阪→東京(今ココ)、福岡・札幌にも行きたい。人見知りだけど交流好き。あとダイエットも好き。100kgから80kgまで痩せたけど(168㎝)、まだまだがんばるダイエッター。いつかブログにビフォーアフターを載せたい。