【中をそうぞうしてみよ by 佐藤雅彦+ユーフラテス】

どうも、かずいちです。

この前(っていっても2016年の話)アメトークで芸人のカズレーザーがおすすめしていた本「中をそうぞうしてみよ」を読んでみましたよ。

著者の佐藤雅彦さんは東京藝術大学大学院の教授でNHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」を企画・監修されている方です。

ユーフラテスさんは慶應義塾大学の佐藤雅彦研究所の卒業生からなるクリエイティブ・グループです。

要はチーム佐藤ってことですね。

ピタゴラスイッチをご存じの方ならお分かりになると思いますが、知的欲求をくすぐる30ページの本です。

 

本の表紙の椅子。中はどうなってるんでしょう?

椅子の中?

 

見えるんです。X線写真で。

 

そんなやり取りが続く1冊。

子供と一緒にこの中はどうなってるんだろうねってそうぞうしてみる1冊。

何も考えずにぼーっと見ると楽しい1冊。

 

でも、いちばん気になったのはタイトル。

「そうぞうしてみよ♪」なのか「そうぞうしてみよ!(命令)」なのか。

 

以上

 

この記事が気に入ったら
いいね !を お願いします!

Twitter で

ABOUTこの記事をかいた人

かずいち

はじめまして、大阪生まれの都内在住40代会社員です。 小さい頃から変わりたい願望とあこがれ妄想癖があり、いつも理想の自分を夢見ていました。でも、あこがれるだけの人生で早40数年。いつしか【俺は変われない、あこがれるだけで人生終わり】マインドをインストール。会社員として先が見えてきたいま、これでいいのか?と自問自答。「ダメだ!これで人生終わったら、後悔しかない!」と思い、願望や妄想をリアルに変えようと決断。なりたい自分への楽しみや困難をブログに綴っていきます。それが同じように変わりたいと思っている人の後押しになればうれしいです。 そして、出版妄想を実現させたい!応援よろしくお願いします。